女性とペット

犬の肝臓病に要注意|可愛い愛犬に忍び寄る病魔

かかりやすい病気

獣医

すぐに病院に行く事が大事

犬は、人懐っこく、人間に対して愛情深い動物です。一緒にいるだけで癒してくれるので、ペットとして絶大な人気があります。ただ自宅でペットとして飼う場合、病気にならないように最大限の配慮が大事となります。特に犬が最もなりやすい病気として知られるのが、肝臓病です。肝臓病になると、肝臓に炎症が起きて、徐々に機能が低下していきます。やがては肝臓が全く動かなくなり、死に至ることもあるのです。肝臓病が恐ろしいのは、初期だとなかなか症状が出てこない事です。進行して初めて、体重の減少、嘔吐、下痢、水を飲む量が増えるなどの症状が起こります。このような症状が愛犬に見られたら、すぐに動物病院で検査を受けたほうが良いです。

効果的な予防方法

肝臓病は、犬にとても起こりやすい病気として認知されています。肝臓病は初期には全く症状が表れないです。したがって、早期発見のために定期的に動物病院で健康健診を受ける事が大事です。さらに、毎日の生活習慣でも肝臓病を予防する事ができます。そもそも肝臓病は、太りすぎで肝臓に脂肪がたまっている事で起こりやすいです。というのも、脂肪が多くあると、それを消費するために肝臓は働き続ける事になるからです。働き続けると肝臓は疲れて負担となるので、病気を誘発しやすいのです。なので、予防方法としては、普段からあまり食べすぎないように食事に気を付けるといいです。昨今、肝臓に負担にならないドッグフードもあるので、積極的に取り入れる事をお勧めします。

ペットを購入する際は

飼い主とペット

ブリーダーは犬を中心としたペットの繁殖等のプロである。直接購入するメリットは健康管理と血統状態が保証されることである。中には悪質な業者もいるが、質問内容や引き渡し時期を確認することで優良ブリーダーと見分けることが出来る。

もっと詳しく

室内で飼われるようになり

犬

犬のしつけは飼い主が行っても問題ありません。しかし、何の知識も持たないまましつけをするのはNGです。きちんとしつけの勉強をしましょう。また、しつけ教室やしつけ教材などのサービスを利用するのも良い方法です。

もっと詳しく

ペットで人気の犬種の一つ

ドッグ

フレンチブルドッグは、犬種の中でも飼いやすいと言われています。小さいので室内で飼うことも可能です。散歩にも連れ出しやすく、手入れも楽だと言われています。最寄りに犬に関する施設があるとさらに好都合となります。

もっと詳しく